「働く」と「生きる」を楽しむためのレシピ

「人生100年」と言われるようになり、生涯現役がもはや当たり前の時代に突入。一人ひとりが「自分らしさ」を見つけ、ワークライフを楽しむためのヒントについて考えていきます。

「自分とは何か」を探るヒントは人との関係性の中にある

今日の材料:自分、他人、関係性、気付き、語り直し

ブログの投稿を積み重ねていく中で、最近は記事にいろいろなコメントを頂けるようになりました。何か新たな思考が生まれるような気がして、対話の楽しさをますます実感しております。

前回の記事でも「自分らしさ」や「自分探し」について、塾パパさんからこんなコメントを頂きました。

他人がいるから自分を認識できるのかもしれません。他人がいなければ自分を認識できないかもしれません。もし世界に自分ひとりしか人間がいなかったら自我は芽生えないのではと考えてしまいます。  

なるほど!確かに、自分を認識する上で他人という存在はなくてはならないものですよね。

実は前回も引用した「”私は誰か”は自分だけでは決められない」という記事の中で、私は「相手」のことを2つの視点から書きました。

一つは「私が誰か」ということは、自分だけで決められるものではなく、相手との関係性の中で、初めて決まるものということ。

もう一つは、「相手が自分をどう見ているか」ということも、自分自身を形成することに深く関わっているということです。

後者については、なんとなく想像できるのではないかと思います。他人は自分を写す鏡。「あなたって〇〇だよね」と言われることほど、自分自身を認識する上で強く印象に残ることは、なかなかありません。

では、前者はどうでしょう。前回はブログにプロフィールをどう書くか、という話をしたのですが、今日はもう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

 

f:id:kiki_sh:20191112103949p:plain

 

「自分とは何者か」を考える上で関係性に焦点を当てるというのは、伝統的な自己分析の方法、いわゆる「精神分析」とは一線を画する考え方です。

 精神分析療法は、良く知られているようにいわゆる無意識の抑圧を解放することによって、問題を解決しようとします。ざっくり言うならば、さまざまな環境要因によって封じ込められていた「本当の自分」を発見し、それを受け入れることによって、葛藤を解消しようとするものです。

それに対して、最近ではナラティブ・セラピーという療法をよく耳にします。【※『物語としてのケア―ナラティヴ・アプローチの世界へ 』野口裕二著(医学書院)などを参考にしています。】そこでは問題を自分の中にあるのではなく、関係性によって築かれたものとして一度外在化します。さらにそれを「語り直す」ことによって、問題そのものへの認識を変えるというものです

抽象的なので具体例を挙げてみましょう。

 

新入社員のA氏は、職場で高圧的な物言いをする上司の下で働いているうちに、「我慢するのが会社員」という認識を持つようになった。悶々と毎日を過ごしていたある日、上司とは別の管理職B氏から会社に対する本音を言ってほしいと言われた。そこでA氏が差しさわりのないことしか言わずにいると、B氏は「そうじゃない」と言い、B氏自身が自分の不満を洗いざらい話し始めた。驚きつつもそれなら、とA氏も自分自身の不満もさらけ出した。その経験がきっかけとなり、A氏は自身の「我慢するのが会社員」という感覚を変化させ、やがて上司にも言いたいことを言えるようになった。

 

実はこれ、実際に聞いた話を少しだけアレンジしたものです。A氏の「我慢するのが会社員」という自己認識は、上司との関係性の中で築かれたことは間違いありません。でも、それが当たり前の日常となってしまうと、いつの間にかそのことは動かしがたい現実となってしまうのです。

でもA氏はB氏との対話の中で、その現実を語ること(外在化すること)によって、それが上司との関係性の中で築かれた限定的なものでしかないと気付き、それとは違う「本音を話せる」関係性を見つけ出します。

A氏はこれをきっかけに「我慢するのが会社員」という自己認識を語り直します。上司の高圧的な態度という環境は全く変わっていないのですが、A氏にとって自分の行動を抑制していた問題が問題でなくなり、言いたいことはきちんと言うという新たな自分を築いたのです。

精神分析が「本当の自分」を発見し、それを解放するという自分ベースの方法であるのに対し、ナラティヴ・セラピーは関係性に焦点を当てた「気付きー語り直し」という対話ベースの方法です。

実際にはこんな単純に行かないよ!という声が聞こえてきそうです。でも人と人との関係性の力というのは思った以上に大きく、時に動かしがたい現実として自分を縛りつけてしまうということは、往々にしてよくあるように思えます。

自分とは一体何なのか、と感じた時、一度この「気付きー語り直し」という対話ベースの方法を試してみてはいかがでしょうか。

もし環境が変えられなかったとしても、自分の認識が変わることで思わぬ変化が起こるかもしれません。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ気に入ってもらたえら応援お願いします!

「自分らしさ」や「自分探し」という言葉が嫌われる理由

今日の材料:自分らしさ、自分探し、本当の自分、問い、気付き

このブログの中で「自分らしさ」や「自分探し」は重要なカテゴリーであり、中心となるテーマです。でもネット上でいろいろ見ていると、嫌われることも多々ある言葉です。

日々の生活の中で我慢し、押し込めている「本当の自分」を見つけよう、という考え方に違和感を感じる―「本当の自分」って何?そもそもそんなもの自分でわかるはずないし、わかる必要があるの?と感じられることがその理由の中心にあるようです。

ごもっともだと思います。

「本当の自分」というある種の決定論的な答えが「自分らしさ」であり、その答えを見つけることが「自分探し」ととらえるなら、私もおそらく馴染めないでしょう。

私は以前、「”私が誰か”は私だけでは決められない」という記事の中で、こんなことを書きました。

「自分探し」は、

自分の心の中を必死に覗こうとすることではなく、他の人との関わりの中で自分が何を感じ、どう行動してきたかを見つめ直すこと

そして

 

自分のストーリーは常に進行中 

ということも。

そこに、「本当の自分」というゆるぎない答えはないと思っています。

今ある関係性の中で自分自身を振り返ること―そこでの発見がこれからほんの少しでも生きやすくなるヒントとなるなら、そこにこそ大きな意義があると感じています。

 

f:id:kiki_sh:20191109163639j:plain 

私が長く付き合っているある友達が、「自分がないのが自分らしい」と言っていたことがありました。

彼女は今、若い頃に思い描いていた姿とは違う人生を生きていると感じています。新たな家族と年を重ねて過ごしてきた中で、新たな関係性と価値観を受け入れているのです。

人によっては「本当に幸せなの?」と感じる人もいるかもしれない―でもいろいろ悩んだ過程を経て今の彼女は清々しく、それが自分らしいと言っています。

またネット記事で読んだある人は、一度自分や周りが「自分らしさ」を定義してしまったばかりに、そうでない自分を許せなくなってしまったと語っています。

そしてそのことに気付き、今の自分にとって大切なことは何かをもう一度考え直した時、初めてその「自分らしさ」に苦しめられていたことに気付いたそうです。

どちらも考え抜いた末に今の道を選んだ軌跡はやはり「自分探し」であったけど、そこに特定の道筋はなかったのではないでしょうか。

問いを続けることが「自分探し」であり、そこで見つかる小さな気付きの積み重ねが「自分らしさ」だと考えることで、これまでとは違う光が当たると私は思っています。

そう願い、私は自分自身への問いと気付きをこのブログを書いてきました。

もしご興味があれば、ぜひこのブログのカテゴリ―の「自分探し」や「自分らしさ」をのぞいていただければ幸いです。 

ただこういう言葉を嫌うという人は、それだけ自分に向き合ってきた人だと私は思うのです。

そういう人たちのストーリーと、そこでの「問い」や「気付き」の中にもまた、大切な発見がたくさんあると思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ気に入ってもらたえら応援お願いします!

「働くということ」を問い直すー自分軸で生きるためにー

今日の材料:働くということ、組織を生きる、働き方の多様性

最近ブログを書いていて思うことがあります。

このブログのタイトルは【「働く」と「生きる」を楽しむためのレシピ】。でも、これまでの記事は「生きる」に寄っているような気がする。

かといって、【「生きる」を楽しむためのレシピ】とするのも、何か違う

そもそも「働く」ってどういうことなんだろう、と。

 

働く=会社員!?

「働く」というと、なんとなく会社や組織というものを想像してしまいます。

日本人が仕事を聞かれた時「〇〇社で経理をしています」のように、社名を言う傾向があることはよく知られています。対して欧米人は、自分自身の個性や専門性をアピールするので、グローバルなビジネスの場では発想を変える必要がある、と頻繁に指南されます。

でも、私はこういう所属意識を否定したいとは思いません。むしろ「自分がある組織のメンバーである」という感覚を持つことは、誇れることだと思っています。

ただそれは、その人の認識の仕方にもよります。

 

組織とは何か

ここで少し組織の話をしてみましょう。

「組織」と聞いたとき、皆さんは何を思い浮かべますか。規模や知名度、それとも階層別に書かれた組織図でしょうか。

こういう目に見える「何か」が組織だと思いがちですが、本当は目に見えない価値観であったり、人と人との関係性の方がよほどその「組織」を表しています

これは働いた経験がある人なら、多かれ少なかれ実感していることでしょう。

組織論研究者のワイクは、「組織」とは何かという視点を転換しました。組織(organization)というのは、誰からも同じように目に見える固定物(名詞)と考えられてきたけれど、実際は組織化(organizing)つまり所属するメンバーの日々の営みによって脈々と変化している目に見えない過程(進行形)だ、と。

つまり、一人ひとりの生き方が、組織(化)の一端を担っているのです。

 

組織「を」生きる

「自分がある組織のメンバーである」と感じるとき、もしそれが会社の規模や知名度に対する誇りだったならば、それは個人の生き方とは何の関係もありません。

でも、もしその言葉が、組織の中で自分軸を持ち、何が大切かを見極められるという自信に裏付けられた誇りなら、それはその人が組織で自分の人生を生きているということだと思うのです。

「自分は〇〇社の一員だ」と言う人が、その会社”で”生きているのではなく、その会社”を”生きていると感じられるなら、それこそが真に誇れる所属意識ではないでしょうか。

私がこれまでの記事で書いてきたこと、常識を問うこと(☆参照)、自分探しや対話を続けて行く(☆参照)ということは、「組織を生きる」ということにも何の矛盾もありません。

 

働き方は生き方によって決まる

ちなみに組織に所属していない人にとっては、まさに働くことが生きることそのものでしょう。

それだけでなく、家事や子育て、介護、それ以外の多くの日常的な関わりの中で、誰かのために行動したり誰かと支え合ったりすることはすべて、「働く」ことではないでしょうか。それは同時に、「生きる」ことでもあると思います。

人生100年」と言われる時代がより身近になっていくにつれて、「働く」と「生きる」はより近いものとなるでしょう。自分の人生をいかに生きるかを考え続けることは、多様な働き方がある中で自分が何を選んでどう行動するかという判断に、一貫した方向性を示してくれるはずです。

ということで、結論です。

このブログは、【「働く」と「生きる」を楽しむためのレシピ】というタイトルで続けようと思います!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ気に入ってもらたえら応援お願いします!

「そもそも」論・再考

※9月12日(土)から13日(日)にかけて日本列島を通過した台風19号によって、事前に深刻な被害予想が出ていたにもかかわらず多くの犠牲者が出てしまったことに、本当に心が痛みます。家屋の浸水等、被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧をお祈りしております。

今日の材料:そもそも、目の前の問題、考え続けること

私は「そもそも」を考えるのが好きです。

これまでの記事でも、「そもそも」が結構な頻度で出てきています。

でも、いわゆる「そもそも」論は、嫌がられることも多いものです。

私も会社員経験があるので、よくわかります。確かに目の前に解決しなければならない問題があるのに、「そもそも~」と言い出す人は、場の空気が読めず面倒くさいタイプですよね。

 ただ、ふと気付くと私たちは結局いつも、「目の前の問題」にばかり振り回されてしまいます。

「目の前の問題」が片づいてから「そもそも」に取り組むことは、まずないでしょう。

私たちは不確実な状況を嫌う傾向にあるので(☆参照)、「目の前の問題」はより早く解決しようとします。その一方で、見えない不安や不満にはなかなか向き合えず(☆参照)、「そもそも」にはたどりつきにくいのです。

つい優先してしまう「目の前の問題」が、「そもそも」を見えにくくしてしまいます。にもかかわらず、実際には「そもそも」を考えなければ、「目の前の問題」は繰り返し起こり続けるのです。

学習理論では「目の前の問題」に取り組むことをシングル・ループ学習、「そもそも」に取り組むことをダブル・ループ学習と言います。堂々巡りの前者を乗り越えて物事を変革していくためには、どうしても後者に向き合う必要があります。

とはいえ、一筋縄ではいかないからこそ避けたくなるのが「そもそも」。どうやって向き合えばいいのでしょうか。

少し発想を転換し、解決することではなく、考え続けることに意味を見出してみてはどうでしょう。

私はこれまで、「続けるコツは、結果に振り回されないこと」「対話の目的は分かり合うことじゃない」、「答えは簡単に見つからない方がいい」といったことを書いてきました。

このすべてに共通するのは、答えを出すこと以上に考え続けてみることにこそ意味がある、ということです。

誰だって答えの出ない問いを考え続けてモヤモヤするより、早く答えを出してスッキリしたい。でも本当に大切なことは、モヤモヤの中にあるのです。

そして解決が目的ではないのなら、仕事で「目の前の問題」を解決しなければならない時に、わざわざまとまらない方向に持って行く「そもそも」論は、やはり迷惑でしかありません。

だから「そもそも」は、自分に問いかけるんです。

例えば「幸せになりたい」と思うなら、

「そもそも私にとって、幸せって一体何なんだろう」 と。

そうやって考えることで、今まで見えなかったことが見えてくるかもしれません。

だから、私は「そもそも」を考えることが好きなんです。

端から見たら、やっぱり面倒くさい人かもしれませんが(笑)。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ気に入ってもらたえら応援お願いします!

「私が誰か」は自分だけでは決められない

今日の材料:プロフィール、ブログ、自分、関係性、読者の方々

「働く」と「生きる」を楽しむ方法を考えることがメインテーマのこのブログ、その核心は「自分探し」にあります。

でも、そもそも「自分」って何なんでしょう。

ぱっと思いつくのは、自己紹介。職場や学校、その他さまざまな会合で初顔合わせの時には、必ず「私が誰か」ということを考えて表現します。

そうそう、ブロガーのみなさんは、たいていトップページにプロフィールを表示されていますよね。

でも実は私、ブログ開始当初はこのプロフィールを書いていませんでした。

ブログを読んでくださる方は不特定多数。その方たちにとって、私って誰なんだろう、と悩みまして。年齢や性別、社会的ステータスは書けるけど、それ以外に他の人と違う自分を表現するとしたら、何を基準にすればいいのか―。

同じように悩んだ方もいるかもしれません。

結局、「私が誰か」ということは、自分だけで決められるものではなく、相手との関係性の中で、初めて決まるものだと思うのです。

でも、逆の立場から考えれば、筆者が誰だかわからないブログは読みにくいですよね。ある日、「書いている人がどんな人か、見えるところに書いた方がいい」とアドバイスをもらい、悩んだ挙句、今のようなプロフィールにしました。

私はまだまだ駆け出しブロガーですが、長くブログを書き続けている方たちは、読者の方々の反応やその交流を経て、プロフィールを加筆したり修正したりしているのではないかと想像します。

「相手が自分をどう見ているか」ということも、自分自身を形成することに深く関わっているからです。読者とのコミュニケーションが進めば進むほど、書く人が表現する自分自身も変わっていくのは自然なことです。

「私が誰か」を決めているのは自分一人ではない―。それなら、私たちは他人に流されて生きなければいけないのでしょうか。

決してそうではありません。

むしろ、そのことに気付くことが「自分探し」の第一歩だと思います。

自分自身に真摯に向き合う、ということは、自分の心の中を必死に覗こうとすることではなく、他の人との関わりの中で自分が何を感じ、どう行動してきたかを見つめ直すことではないでしょうか。

たとえば自伝を書いてみるのはいかがでしょう。そこで過去を振り返ったときに思い出される日常の出来事や、ネガティブな経験。ある関係性の中での自分の立ち位置を振り返ってみることは、「自分探し」をきっと豊かにしてくれるはずです。

そして自分のストーリーは常に進行中です。自伝はどんどん更新して行きましょう。

いろいろなブロガーさんのストーリーを読ませていただいていると、日々の変化がとても面白いです。ブログを始めて本当に良かったと改めて思っています。

ところでこの記事は15回目の投稿なのですが、実は既に何度か自分のプロフィールを書き換えています。

みなさんに、いろいろな気付きを与えて頂いています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ気に入ってもらたえら応援お願いします!

常識を問い続けよう

今日の材料:常識を問う、定義、逸脱、身近な人との対話

前回の記事で、誰が決めたのかわからない「常識」や「普通」に縛られてしまうことに警笛を鳴らしました。

でもそれは社会の中で生きていく上で、ある意味では避けられないことです。

誰かと会話する時、自分の物事に対する理解を毎回細かく説明をしていたら、時間がいくらあっても足りません。それが何を意味するのかを考え、名前を付けて定義し、相手と共有する必要があるのです。

でも問題なのは、定義が共有され、「常識」とか「普通」となることで、使う人がその意味をどんどん考えなくなってしまい、定義が一人歩きしてしまうことです。

もっと厄介なのは、一人歩きしてるにも関わらず、その定義がそこから外れる物事を外に押しやってしてしまうことです。

そもそも逸脱というのは、定義づけがなければ起こりません。物事に本質的に備わった意味など、この世にはないのです。

「普通ではないこと」、「常識ではないこと」という逸脱は、社会の中で起こる異常な現象ではなく、人が生活する中で、自分たちで生み出しているものなのです。(社会学の中では「ラベリング」と言われます)

だからこそ、私たちはその意味を問い続けなければならないのではないでしょうか。

あなたやあなたの身近な人は、今の生活に深く関係する物事を、どう定義づけていますか。

「自分」、「家族」、「会社」、「上司」、「仕事」、「女性」、「学校」、「教師」、「親」、「子育て」、「介護」、「高齢化」・・・。

それは、今のあなたにとって本当に意味ある定義でしょうか

理屈ではなく感覚的に「なるほど!」と思えるものですか。

もし、その定義によってあなたが働きづらかったり、生きづらかったりするのなら、定義し直してみませんか

その意味を、身近な人、大切な人との対話でとことん追求してみてはどうでしょう。

本音を話し合うことで、「常識」や「普通」とは違う定義を共有できるかもしれません。

当然それは、いつどこでも共有出来るものではないでしょう。

「必ず分かり合えなければならない」

この人間関係の定義も、問い直す必要があると私は思います。

でも、例えどんなに時間がかかっても、一人一人がその意味を追求することをやめずにいれば、「常識」や「普通」は少しずつ変わっていくはずです。

だからこそ、自分に向き合い、当たり前と思うことを問い続けていかなければならない。

常識を問い続けることが「常識」になって欲しい、と心から思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ気に入ってもらたえら応援お願いします!

批判的になろう

今日の材料:批判的になる、自分らしさ、対話

「批判的になろう」と言われて、「そうだ!そうしよう!」と思える人は少ないでしょう。

でも批判的であるということは、決して否定的であるということではありません。

常に物事に疑問を持つ、問いと立てるということです。

例えばこの記事では、ありきたりな出来事の中で自分がどう考えたかを振り返ることが、自分らしさの発見になることを書きました。

またこの記事では、誰かから言われたことを鵜呑みにするのではなく、自分自身が「なるほど!」と思えることを積極的に探すことが、日常を見つめ直すことにつながると書きました。

つまり、批判的になるということはむやみに否定することではなく、自分の軸をしっかり持ち、真摯に他者の言葉に耳を傾けたり自分の経験をとらえなおすということなのです。

こういう態度で他の人と本音をぶつけ合うこと、つまり対話をすることは、決して無駄な争いではないのです。それは創造性という、チームや組織の価値となっていくはずです。

また少し視点を変えると、批判的になることは、これまでマイナスだと思っていたことに対しても違う光を当ててくれます。

老後年齢を重ねることへの懸念だけでなく、見えない不安や不満ネガティブな経験 からですら、意味ある発見が出来るのです。

批判的である、ということは英語で”critical"といいます。

でもこの"critical"には、人生を左右するような重大な意味を持つ、という意味もあるのです。

今のあなたにとって、"critical"なことは何ですか。

今の私にとって、このブログこそが"critical"です。

そしてこの記事は、記念すべき10回目の投稿。これまでの記事をナビゲートしてみました。

若干無理やりでしたでしょうか(笑)。