「働く」と「生きる」を楽しむためのレシピ

「人生100年」と言われるようになり、生涯現役がもはや当たり前の時代に突入。一人ひとりが「自分らしさ」を見つけ、ワークライフを楽しむためのヒントについて考えていきます。

続けるコツは、結果に振り回されないこと

今日の材料:継続、結果、成果、淡々と

かつて予備校講師を務めていたころ、いろいろな生徒と出会いました。

例えば「褒められると伸びる」と良く言われますが、逆に卑屈になってしまう生徒もいます。

また模試の良い結果が、必ずしも生徒のモチベーションになるわけではありません。偶然にも良い結果を出してしまうと、次の結果次第で立ち直れなくなってしまう生徒もいるのです。

大学受験というのは、こんなにも心身を不安定にする挑戦なんだと改めて思い知らされました。

そんな中で、年に1人か2人くらい出会う飛躍的に伸びる逸材は、都度の結果に振り回されず、淡々と日々の努力を続けることが出来る子でした。

模試の結果に一喜一憂する多くの生徒たちを横目に見つつ、常に自分のペースを崩さない。そういう生徒は、必ず最後に自分の納得する成果を導き出します。

まだ二十歳にも満たないこういう子たちとの出会いに、私は自分の価値観を大きくゆすぶられました。

それは私自身、物事が続かない人間だったからです。

仕事や勉強など、興味のあることはいつでもすぐに見つかりました。でもどこかで限界が見えてくると、すぐに次のことを探そうとしていました。

その度に「もっと向いていることがあるはず」と思っていた私は結局、結果に振り回されていただけでした。

都度の結果は通過点でしかない。自分が最初に何を思って始めたかを心に持ちつつ、日々の自分に向き合っていれば、物事の継続はいつか必ず道を開いていくのです。

思えば予備校で出会った逸材たちも、必ずしも最初に決めたゴールとは違うところに辿りついている生徒もいました。

でもそれは、コツコツと継続したことと、そのプロセスで自分に起きた変化にきちんと向き合ったことによって、その子たちにとって納得のいく成果となったのです。

その後、私も遅ればせながら、ある目標を持って7年間大学院に所属し、当初のゴールとは異なるゴールを見つけて今に至ります。

一つひとつの結果に振り回されず、自分の向かうべき成果を常に追い続けることの大切さを、今強く感じています。